BATTLEエクストリームトーナメント7th 準決勝第二試合

動画は↑からどうぞ

第7回エクストリームトーナメント準決勝には、咲坂花恋・葉月もえ・宮村ななこといった優勝候補として相応しい実力派が勝ち上がってきたが、しかし一人、場違いな準決勝進出者が… 一回戦第四試合で、岬澪はいつものように対戦相手の森はるらにイジメられていたのだが、ギブアップも3カウントも奪っていないまま森は勝ったと思い込み、リングを去っていった… なんとイジメられていた岬がリングアウト勝ちでラッキーな棚ボタ勝利を掴む事に! しかし被虐系のイジメられっ娘、岬澪は確かに毎回のように屈辱的なイジメを受けているが、デビュー戦から見事なスープレックスやパワーボムを放つなど素の実力では良いものを持っている選手。精神的に打たれ弱いのが欠点な彼女だが、今回の対戦に向けて鍛錬を重ね、特に精神を鍛えてきたと言い、イジメられっ娘卒業を目指す! だが今回の対戦相手はかなりヤバい相手である… 宮村ななこは、デビュー戦で高梨りのの相手を務め「チョーズンワン」の名を付けられた破格の待遇の選手。チョーズンワンの名に恥じぬ急成長ぶりで、彼女ならではのオリジナル技を次々に披露し、また高身長から繰り出されるスープレックスやパワーボムの破壊力は圧巻である! そして強いだけでなく、清楚な雰囲気にそぐわぬ変態っぷりでも強烈な選手。エロ技・レズ技も得意な宮村にとって、イジメられっ娘で可愛らしいルックスの岬は、まさに恰好の性の餌食である! 今回も新たなオリジナル技、そしてエベレストジャーマンを披露する宮村に隙は無いが… もう弱音を吐かないと誓った岬澪が覚醒できれば、千載一遇のチャンスもあるか!?

キャプチャー画像

bect41_11 bect41_10 bect41_07 bect41_06 bect41_03 bect41_01

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です